ボーカルオーディションに受かるために|大事なポイントをご紹介

女性

憧れの読者モデル

帽子をかぶった女性

読者モデルになるには、まず読者モデルを募集しているファッション雑誌を探すことから始めなければなりません。募集している雑誌を探すには、インターネットを使った方法が最も手軽で簡単です。

» 詳細へ

重要な3つのポイント

マイク

ボーカルオーディションには、主に2つの種類があります。1つはプロダクション主催のオーディション、もう1つはレコード会社が主催するオーディションです。また、どちらも「書類審査」と「会場審査」の2つのオーディション方法に分かれて行なわれます。では、プロダクション主催のオーディションとレコード会社のオーディション、どこに違いがあるのでしょうか。答えはその「目的」です。プロダクションが行なうボーカルオーディションは、人材発掘と育成を目的としています。所属後はテレビやラジオ、雑誌など、数多くの媒体に出演させることを考えており、CDを発売する際はレコード会社のレーベルにプロモーションさせる形で売り込んでいきます。対してレコード会社が行なうボーカルオーディションは、あくまで楽曲を主体とした人材発掘や育成を目的としています。プロダクションと違い「契約」という形となり、また曲によってレーベルが異なるアーティストも少なくありません。芸能活動に近いボーカル、アーティストには興味は無いという方は、レコード会社が主催するボーカルオーディションに応募しましょう。

ボーカルオーディション合格のポイントは、「表現力」「今後の可能性」「人を惹きつける力」、この3つです。どんなに歌唱力に自信があっても、その力を声だけでアピールしても大したアピールにはなりません。歌に対する思いを、体の動きや顔の表情などに十分に出していきましょう。そうすれば審査員の五感に大きなインパクトとして残るでしょう。それが今後の可能性や人を惹きつける力にも大きく作用していきます。この3つのポイントを意識すれば、納得のいく結果が得られるでしょう。

有名人にキャスティング

カメラ

イベント事に有名人に出演してもらうことを「キャスティング」と言います。一般人が有名人に仕事を依頼することは簡単なことでは無いので、それを代行してくれる専門会社を利用しましょう。

» 詳細へ

声優オーディションの概要

ステージ

声優のオーディションには、2つの試験をパスしなければなりません。声優のオーディションは、一次試験と二次試験に分かれます。合格のポイントを知り、役を勝ち取りましょう。

» 詳細へ